赤ちゃん 肌

赤ちゃんのような肌になるには

赤ちゃんの肌って白くてぷよぷよしてい潤いがあり、瑞々しいですよね。
赤ちゃんの肌と大人の肌って何が違うか分かりますか?

 

 

答えは水分量です。
赤ちゃんは体全体的に水分量が多いので、むくんで見えます。
ただ、赤ちゃんは体温調整など上手く出来ないため、
たくさん体に水分を蓄えている状態になっているんです。

 

 

じゃぁ、赤ちゃんのような肌になるためには水分をたくさん摂ればいい?
でも大人の場合、水分をたくさん摂ったところで、
水太りになるか、汗として出ていくか、です。

 

 

水分を摂る事は大切ですが、肌に水分をあげる事が大切です。
そして水分をあげる事よりもさらに大切な事は保湿です。

 

 

保湿をしてあげることにより、水分が肌から無くならないようにしていく事が出来ます。
肌から水分がなくならないようにする事が大事なことなんです。

 

 

化粧水で保水をしても、クリームなどで保湿をしてあげないと、
水分は肌からどんどんなくなっていきます。
化粧水での保水・クリームでの保湿をしっかりと行い、
肌に潤いを与えていきましょう。