コラーゲン エラスチン

コラーゲンとエラスチン

コラーゲンというのはよく聞きますよね。
コラーゲンは様々な食品に入っていますがそれだけではなく
人間の肌の中にもコラーゲンは存在します。
存在するだけではなく、コラーゲンは人間の体の中で生成されたりします。
人間の体の中のコラーゲンと一緒の場所にあるものとして
エラスチンという成分があります。

 

 

エラスチンというのはコラーゲンの線維を支える役割を果たしています。
エラスチンはコラーゲンがある真皮部分には約2〜5%存在しており、
肌のハリや弾力に大きくかかわっています。
エラスチンは肌だけではなく、動脈や肺にも存在しています。

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸は加齢とともに体の中から減少していきますが
エラスチンもコラーゲンやヒアルロン酸同様に加齢で減少していきます。

 

 

肌だけではなく、動脈など血管や靭帯にも存在しているエラスチンは
血管や靭帯の柔軟性や伸縮性にも関係しています。

 

 

エラスチンを摂取する事により、肌のハリや弾力だけではなく、
動脈硬化を防ぐ効果もあるんです。