外部刺激とは

外部刺激とは?

よく肌に与えるストレスで外部刺激というものがあります。
普段、肌に刺激を与えていない、と感じている人でも
肌というのはいろいろな刺激を受けているんです。

 

 

外部刺激の代表として紫外線があります。
紫外線は日中、外に居ればどこに居ても降り注いでくるものです。
曇りの時ももちろん降り注いでいます。
紫外線を受けた肌にはメラニンが生成され、蓄積されていきます。
肌のターンオーバーが正常にされているとメラニンはなくなりますが、
肌のターンオーバーが正常でない場合、メラニンはどんどん蓄積されます。

 

 

また、外部刺激としてタバコの煙や排ガスもあげられます。
タバコの煙の方が身近になるので特に注意をした方がよいでしょう。
タバコは吸うと知っての通り、ビタミンCを破壊します。
そのため、コラーゲンの生成などを妨げてしまいます。
プラスしてタバコの煙は肌に悪影響を与え、肌トラブルの原因の一つにもなるんです。

 

 

もう一つ、洗顔も外部刺激の要因になります。
一生懸命洗顔をしていると、肌はダメージを受けます。
痒みを帯びたり、炎症を起こしてしまうような洗顔をしているようでしたら
すぐに止めて、一度洗顔方法を見直すようにしましょう。