肌 疲れ 年齢

肌の疲れが現れる年齢

最近テレビでよく「肌年齢」という言葉を聞いた事ありませんか?
肌年齢とは名前の通り、肌の年齢の事を言います。
実際の年齢は20代なのに肌年齢が40代、という人も少なくありません。
見た目は若いのに肌年齢が実際の年齢よりも年を取っていると
なかなか肌の疲れが抜けなかったり、肌が修復しなくなったりしてしまうんです。

 

 

肌に気をつけている人はあまり肌年齢が実際の年齢よりも高くなる事はありませんが、
スキンケアをあまり熱心に行わないでいると肌年齢に現れます。
肌は日ごろの積み重ねにより徐々に年を取っていきます。
今20代の人が40代と判定されても、生活を改善していけば
肌年齢は実際の年齢に近づく事が出来ますが、
今30代の人が50代と判定された場合、肌の修復力も低くなってきているため
生活やスキンケアを改善しても、いきなり実際の年齢に近づく事はなく
実際の年齢に近づけるのにかなりの時間を要してしまう可能性があります。

 

 

そのため、肌のケアというのは毎日しっかりと行う事が大切なんです。
肌のケアの中で一番大切なことは保水・保湿になります。
汚れを落とす事も大切ですが保水・保湿をしっかりと行う事により
肌は元気になっていく事が出来ます。
どんな季節でも保水・保湿を気にしてスキンケアしましょう。