肌 潤い

肌には潤いが大切

人間の体の60%は水分で出来ているといわれています。
そのため、水分というのはとても大切で約2〜4%の水分がなくなると脱水症状が現れます。
約10%の水分がなくなると、健康障害を起こします。
約20%の水分がなくなると脱水症状となり死亡するともあるんです。

 

 

これは体全体のことになりますが、肌にも同じような事が言えると思いませんか?
肌は水分量がたくさんある場合は、潤い瑞々しくなっていますが、
水分が少なくなってくると、カサカサになり、シワもとても目立ってしまいます。
お年寄りの肌ってカサカサでシワが目立っていますよね。
高齢になると体全体の水分量が少なくなっていくので
おのずと肌の水分量も減ってしまっているんです。

 

 

シワやたるみをなくしていくためには、肌の潤い・水分というのがとても大切になります。
簡単には水分というのは肌に染み込ませる事はできませんが、
紫外線など外部刺激により、肌の水分は常に外に逃げていっています。

 

 

こまめに肌に化粧水で水分補給を行っていきましょう。
水分補給を行った後は水分が逃げないように保湿をしっかりと行ってあげる事も大切です。

 

 

夏だけではなく、冬でも水分補給を行っていきましょう。