紫外線 肌

紫外線が肌に与える影響

紫外線は昔から肌に良くないという事が言われています。
紫外線を浴びると肌が焼けてしまい、シミの原因であるメラニンが
肌に大量に生成されてしまいます。

 

 

紫外線が肌に与える影響

 

 

紫外線は近年、オゾン層の破壊などにより、ますます強くなってきており、
年中いつでも気にしなくてはならなくなりました。
女性なら紫外線対策をいつでも万全にしておきたいですね。

 

 

紫外線=肌に良くない、というイメージが強いですが、
健康的な肌の人にはそれほど影響はありません。

 

 

肌は紫外線を浴びると、紫外線が肌の奥まで入ってこないようにしようと
肌の中にいる細胞・メラノサイトが活発に働き、紫外線を除去しようとします。

 

 

紫外線を除去しようとして働いた結果、メラニンを肌に残します。
メラニンは通常肌のターンオーバーが正常に行われていると
肌のターンオーバーでなくなりますが、正常に行われていないと
シミやくすみとして肌に残ります。

 

 

さらに乾燥肌や敏感肌の人は、元々肌のバリア機能が低下しているため、
紫外線を浴びることにより、肌が炎症を起こしてしまいます。
炎症を起こした肌は、水分がなくなり、シワの原因になっていきます。
水分がなくなった肌は、コラーゲンも少なくなっていき、
肌のハリが失われ、余計にシワがこくなっていってしまうんです。

 

 

肌の老化を防ぐためには紫外線対策をきちんと行いましょう。

 

 

日焼け止めクリームを塗るだけではなく、日傘を差したり、帽子を被ったりしていきましょう。

 

 

乾燥肌や敏感肌の人は紫外線対策にプラスして肌の改善を行っていきましょう。

 

 

いつまでも若々しい肌でいるために毎日の対策を大切に。