タバコ 肌

タバコと肌の関係

タバコ、吸っていますか?

 

女性の場合、タバコを吸っていた人でも妊娠・出産を期に辞める人が多いですが
子育てが落ち着いてくると、また吸いだしてしまう人も少なくありません。
それに最近は女性が社会進出が目覚ましく、ストレスを抱えている女性が多い為
値上がりしてもタバコを吸っているという女性もまだまだいます。

 

 

でもご存知だとは思いますが、タバコは肌によくありません。

 

 

タバコを吸うと血管が細くなり、収縮するというのは知っていますよね。
収縮する事により血流は悪くなり、酸素が運ばれにくくなります。
そうなると、体に栄養が上手く運ばれなくなってしまうんです。
それに血流が悪くなると肌の血流も悪くなり、肌への栄養も少なくなってしまいます。
肌への栄養が少なくなる事により、肌は元気をなくしていってしまい、
肌荒れや吹き出物が出来やすくなったりしてしまうんです。
それにタバコに含まれるタールが煙にも含まれており、
タールは煙によって肌に付き、肌の血色を悪くしてしまいます。

 

 

タバコを吸うとビタミンCが損なわれるというのは有名な話ですよね。
ビタミンCが体の中で不足すると肌のハリや弾力に関わるコラーゲンの生成も
少なくなってしまうんです。
そうすることにより、シワが出来やすくなっていってしまいます。

 

 

他にも様々なマイナス要素がタバコにはあるんです。